その他

マッスルスーツ×空調服併用で暑さ対策出来るか検証

暑さ対策は以前からの課題

パワーアシストスーツ「マッスルスーツEvery」を当社で取り扱いを開始して初めての夏シーズンを迎えています。最近、製品の紹介に伺っている製造業、倉庫業、農業などの分野の方から特に相談いただくのが作業時の暑さです。安全対策の観点から長袖作業着の着用がルール化されている製造業の現場でパワーアシストスーツを使用すると、身体に密着する肩ベルトや腰ベルト、ももパッドなどにより、夏のシーズンは特に汗をかきます。この課題に対する解決策を以前より模索してきましので、今回はその製品を併用しての暑さ対策についてご紹介します。

空調服はどれくらい効果的なのか

マッスルスーツ製造元のイノフィス社もYouTubeで推奨している空調服ですが、効果の程度の検証も兼ねて展示会の見学やメーカーへ直接訪問してきました。

空調服とは、服に付いた小型ファンで服の中に外気を取り入れ、体の表面に大量の風を通すことにより、汗を気化させて涼しく快適に過ごせる製品です。使用するエネルギーもエアコンなどに比べて格段に少なく環境にも配慮しています。工場や屋外作業などエアコンがない場所でも涼しさを感じることが出来ます。

展示会では、中部、関西地方の空調服メーカー大手企業から中小企業まで30社程展示しており種類も非常に豊富でした。空調服は大別して長袖タイプ、半袖タイプ、ベストタイプとあり、ファンは最大出力が強いタイプや持続可能時間が長いものまで作業現場の利用シーンに合った製品を選ぶことが可能でした。その中でも岐阜県中津川市にあるエヌ・エス・ピー社が開発した「進化した空調服」は、服の内側の肩や背中部分に特殊スペーサーが付いていて内側全体に風の通路を作り、どんな姿勢でも風が吹き抜けるので、他のメーカーと比べて段違いの涼しさを感じました。同県内ということもあり、後日早速訪問しマッスルスーツEveryと空調服を併用できるか検証しました。

検証項目
  • しゃがみ込んだ時や中腰姿勢の時にも涼しさを感じるのか。
  • 併用した場合にベルトによって空気の循環が遮断されないか。
  • ファンが機体に当たって、機体またはファンの機能が阻害されないか。
検証結果

しゃがみ込んでも中腰姿勢でも特殊スペーサーのおかげで服の内側全体に風が吹き抜けるため快適に作業が出来ます。

肩の特殊スペーサーのおかげでベルトによる空気循環の遮断は起きませんでした。

動いてもファンの位置が機体と当たらない所にあるため、気にせず作業出来ます。

おすすめはベストタイプ

ベストタイプでも十分涼しさを感じたため、長袖タイプでなくても効果的でした。体験した当社スタッフ4名の感想として、吹き抜ける風が両脇に当たって心地よさを感じました。

写真はエヌ・エス・ピーオリジナル仕様の空調服。

まとめ

空調服業界について調べていくと、ここ数年の気候変動により、真夏の作業における暑さ対策として、特に土木・建設業を中心に需要が伸びてきていることもわかりました。又、国の助成金を活用した導入の動きが多いようです。本件に関しては、引き続き情報収集活動していくと共に、有益な情報をここで発信する予定です。今回の検証を通じてマッスルスーツEveryと空調服の併用でしっかり暑さ対策ができることがわかったため、年間を通じてパワーアシストスーツをご利用いただけると思います。

株式会社エヌ・エス・ピーの商品に関するホームページはこちら。

導入のお問い合わせ・試着体験ご依頼

商品のご質問、試着体験のご依頼、お見積のご依頼、その他の導入お問い合わせこちらよりお気軽にお問い合わせください

関連記事